一般社団法人国際栄養食品協会(AIFN)では、当協会の教育啓発事業の柱であるAIFNオープンカレッジ(社会人カレッジ)の新たなカリキュラムを2018年9月に開講します。この講座はサプリメント関連事業従事者を対象に、基本的な概念や国内外の動向など業務に活かせる知識をお伝えする事を目的に、栄養領域のトップクラスの講師陣による「業界人のためのサプリメント講座(全8回)としてスタートします。

受講料は、一般個人48,000円、一般法人・団体70,000円(2名まで代理出席可)でAIFNの会員は、正会員35,000円、賛助会員40,000円となっています。いずれも税込。

受講申し込みは8月上旬よりAIFNホームページにて受け付け開始します。

<オープンカレッジ新講座開講にあたり>

健康食品業界が健全な発展を遂げるためには、そこに携わる人材を育成し、良質な製品やサービスを供給し続けることが求められます。しかしながら、近年、サイエンスが目まぐるしく進歩して専門性がより深まっているため、企業単独で人材育成を行うことが益々困難になっています。また、医薬品を含めた異業種からの新規参入が相次いでおり、製品開発やマーケティング担当者だけでなく、セールスや法規など様々な部門の担当者も含め、広い分野で、より専門知識を伝達する必要性が増加しています。
そこで本講座では、企業内教育や民間資格取得だけでは網羅し難い、包括的かつ専門性の高い内容として、「国内外のサプリメント概念や制度の違い」、「機能性成分の有用性や有効性(EBM)に関する概念」や「食品としての適用別有用性」、「食品と医薬品との作用機序の違い」、「保健機能食品制度の法的概念や実質的な手続き解説」、「健康被害における対応フローやコンプライアンス対応」などなど、業界従事者として必要な概念や実務に活かせる知識をテーマに講義を行います。

AIFNでは、本講座を通して業界関係者のさらなる知識の向上に寄与し、業界の健全な発展に貢献することを目指しております。また、次年度以降も継続し、講義内容の充実や対象者の拡大を図ることで、ゆくゆくは業界全体が取り組む人材育成の礎になれればと考えています。

詳細の講座概要およびカリキュラムについてはPDFをご参照ください。